【お知らせ】MADLTAから皆様へ


【お知らせ】

 深秋の候、日増しに寒さが身にしみるようになりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。
ウェブ記事ではお初にお目にかかります。スタッフの木瀬と申します。


 この度サイトリニューアル準備のため、当サイト内の一部ページ及び記事の公開を停止したことをここにお知らせ致します。
当サイトを訪れてくださった皆様へご不便をおかけすることとなり申し訳ございません。
該当記事につきましては何らかの形で見返すことのできるようサイト作成してまいります。




 さて、我々の予想以上の反響をいただいた夏のコンテストから早くも3ヶ月が経とうとしています。
コンテスト関連で当団体を知った方も多いのではないでしょうか。
沢山の方にご応募いただき、メディアにも取り上げられ、当団体が多くの方々と接するきっかけとなりました。
(実は私はコンテスト事業には関わっていないため参加された方々や期間中運営を手伝っていただいた高校生審査員の方々とも面識がありませんが、昨今ますます混沌極まる社会の中で、時を同じくしてMADLTAの志に触れた皆様、そしてあなたへ思いを馳せてこの文章を書いております。)


 何かと暗い話題の多い世上、気分の落ち込むことも多々あるかと存じますが、こんな時にこそ日常に差し込む僅かな希望を大切にして行きたいものです。
世の荒波の中で思い悩み、時には絶望し、それでも今日まで歩んできた人類、そして社会。
時には立ち返って、先人の遺した言葉を味わい心に留めることで、この憂き世/浮き世に漂う様々な禍が過ぎし日の出来事へと流れてゆくことに希望を込め、小倉百人一首の中から一首を引用してこの記事を締め括ることと致します。

ながらへばまたこの頃やしのばれむ 憂しと見し世ぞ今は恋しき

藤原清輔朝臣 
小倉百人一首84番 



 夜寒ひとしおのこの頃、ご壮健にお過ごしになられますよう心よりお祈り申し上げます。それでは。

文責:木瀬